ご希望の場所でお別れを

葬儀の場所

棺

家族葬は、近しい親族のみで行う葬儀といわれています。
家族葬は柏原市でも多くとり行われています。
柏原市で家族葬をする場合、どのような場所で行えばいいのでしょうか。
葬儀の場所というのは、主にお通夜と告別式を行う場所です。
葬儀の場所は大きく分けて自宅か自宅外になります。
葬儀は急なことですし、自宅が難しい場合には自宅にこだわる必要はありません。
また、自宅外ですと、柏原市や近隣では公営式場や民営式場、寺院式場、葬儀社式場などが利用できます。
この中で寺院式場は宗教や宗派が制限されることもあります。
寺院で行われる仏式は故人が極楽浄土に行けるよう送る儀式です。
それに対して神式は、御霊が守護神となって家を守ってくれるよう故人を送ります。
また、一般的に神社では葬儀はしないので、神式の場合には自宅や斎場まで神職の斎主に出向いてもらいます。
キリスト教式の場合は自宅か協会か斎場で行いますが、いずれの場合もカトリックであれば神父、プロテスタントであれば牧師に立ち会ってもらいます。
公営式場は一般的に費用が安いのですが、時期によっては混みあっています。
そのため、公営式場をご希望の場合には、亡くなってからできるだけ早く式場に相談して予約を入れなければいけません。
しかし、忘れがちになるのが、亡くなってからお通夜までの間、故人を安置しておく場所の確保です。
病院でなくなり遺体が病院から自宅に運ばれますが、自宅が難しい場合には、柏原市内の安置専用施設の利用など考えておきましょう。
最後に、別れは突然くるものですし、喪主になり葬儀を取り仕切るのは多くの方にとって初めての経験です。
当然後悔や失敗もあります。
もし思い通りの形の家族葬ができなかったとしても、故人を偲ぶ気持ちが十分であると考えることも大切です。東大阪市では、さまざまなスタイルの葬式を行なっている葬儀社があります。なかには、生前契約を行なっている葬儀社もあるので、気になる人は利用してみましょう。丁寧に相談に乗ってくれるはずです。また、終活セミナーを開催していることもあるので参加してみましょう。

社会の変化による無宗教化

式場

かつては、葬儀といえば地域をあげて行うものであり、同僚や近隣住民を招き、僧侶に手厚く見送ってもらうことが当たり前でした。
山あいにある柏原も比較的伝統文化を大切にする人が多いですから、従来の形で葬儀を行うことが一般的であると言えます。
しかし、表面的な形式よりも故人に対する気持ちが大切であり、簡素な家族葬でも良いと考える人が、柏原を含む全国で増えてきています。
家族葬とは、文字通り配偶者と子のほか親兄弟のみで行う簡素なもので、親戚や親しい友人を招くこともあります。
この家族葬の最大の特徴は、無宗教であることです。
従来の葬儀では、僧侶に故人を見送ってもらう必要がありましたね。
その一方で、家族葬では遺族が中心となってお見送りをしますから、基本的に僧侶を招くことはありません。
家族葬ならば特定の宗教に依存しないため、親族や親友の中に宗教が違う人がいても問題ありませんし、金品の授受といった慣例にもとらわれません。
もちろん、気持ちを形にしたいという人がいれば、自宅に祭壇を設けて線香をあげてもらったり、墓参りに来てもらうこともできます。
無宗教ではなくなりますが、故人や親族による強い要望があれば、家族葬に僧侶を呼んで見送ってもらうことも可能です。
柏原でも10万円代から家族葬を実施できる業者が増えてきていますし、市外や隣の県も含めれば選択肢に困ることはありません。
柏原の葬儀社は他にも様々なタイプの葬式スタイルを用意しているので、どれがいいのか一度相談してみてもいいかもしれません。

宗派による違いとは

メンズ

柏原でも最近は菩提寺よりも自宅などでの家族葬を選ぶ方が増えてきています。
一昔前まで葬儀には故人とのかかわりのあった方や隣近所の方など幅広い方が参列していたため広い場所を確保できる関連寺院などで執り行うことも多かったのですが、最近では近親者のみの家族葬が増えてきたため寺院での葬儀は減少しています。
菩提寺や関連寺院で葬儀を行う場合はそれぞれの宗派のしきたりなどを寺院関係者のかたから教わることができましたが、家族葬を選択する場合はしきたりなども含めて基本的に自分たちで準備を執り行う必要があります。
葬儀に関するしきたりには北枕や枕飾りのほか枕団子や枕飯などがあります。
北枕はお釈迦様が入滅する際に頭を北側に向けていたことに由来するもので、故人の方が使う枕は北側に向けて使うのが一般的です。
枕飾りは故人の枕元に机を置いて、燭台・香炉・花立ての三具足のほか鈴と線香立てを並べて故人の冥福を祈るようにします。
枕団子や枕飯はいわゆるお供えとなるものです。
枕団子や枕飯の内容は地域の風習などによって変わるほか、宗派によってはお供えをしない場合もあるので事前によく確認しておくことが大切です。
家族葬の依頼は柏原の葬儀社に依頼しましょう。
柏原の葬儀社ならそれぞれの方の宗派に合わせたしきたりにも対応できます。
スタッフに宗派を伝えておけば葬儀の際に不都合が生じないように、それぞれの宗派に合わせた葬儀進行などもサポートしてくれます。
柏原で家族葬を検討している方は、各宗派のしきたりを熟知している柏原の葬儀社に葬儀進行を依頼してみましょう。